家族が逮捕されてしまった方へ

突然、警察から家族が逮捕されたとの連絡がきた・・・

こんな体験をしたら、多くの方はとても驚き、動揺すると思います。

本当なのだろうか。
本人は今どんな状態で、何と言っているのか。
本人と会うことができるのか
この後一体どうなってしまうのだろうか
勤務先や学校には何と言えばいいのだろう・・・etc

ご本人や事件に関する情報が少なく、不安な気持ちでいっぱいになると思います。

ご本人と話ができれば不安も少し晴れるのでしょうが、残念ながら逮捕直後はご家族といえどもご本人と会うことはできません。ご本人と会えるのは弁護士だけです。

状況がわからなければ、今後どのような対応をすればよいのか適切な判断をすることもできません。

ですから、ご家族逮捕の一報を受けた時には早急に弁護士にご相談ください。

警察に逮捕された後、その日のうちに自宅に帰ってきてくれればよいですが、事案によっては、逮捕からさらに進んで身柄を長期間勾留されてしまうことがあります。

勾留されてしまった場合、早期身柄解放は容易ではありません。そして、勾留期間が長引けば長引くほど、職場解雇や退学のリスクが高まり、ご本人やご家族の生活に重大な影響を及ぼしてしまいます。

そのため、もしご家族が逮捕されてしまった場合、まずはその後の勾留を回避する対応を早急にとることが大切です。

例えば、逮捕後早期に弁護士に依頼すれば、本人の主張や事件の背景事情などを聴き取り、捜査機関に身柄を勾留する必要がないことをきちんと説明することができます。その結果、勾留を回避でき、早期に自宅に戻れることがあります。

また、残念ながら勾留されてしまったとしても、弁護士が付いていれば、ご本人と面会をして今後の対応について適切なアドバイスをしたり、精神的に励ますこともできます。そして、ご家族にご本人や事件の状況、今後の流れを説明することもできますし、職場や学校等の第三者対応についてアドバイスをすることもできます。さらに、相手方のいる事件では、弁護士が示談交渉を行いますし、環境整備をして早期に身柄を解放するよう捜査機関に働きかけることも可能です。

弁護士を選任する権利は、ご本人だけでなくご家族にもあります。家族に金銭的な負担をかけたくないとの思いから、ご本人が弁護士を選任しないこともまま見受けられますが、ご本人が希望しなかった場合、身柄勾留期間中に弁護士が対応することはできません。そのため、ご家族が弁護士に相談し、今後の対応を取る必要があるのです。

刑事事件に巻き込まれることはそうあることではありませんし、できれば巻き込まれたくないものです。

ですが、万が一巻き込まれてしまった場合には、まずは弁護士にご相談ください。

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー