会社の借金問題 解決事例のご紹介など

 今回は会社の借金問題の対応について、ご説明したいと思います。

 コロナ渦の影響で業績が悪化し、会社の存続を含めてご相談いただくことが多くなりました。

 経営者としては会社の存続を第一に考えるのは当然のことです。

 しかし、会社の財務状態から破産も選択肢に入れていれなければならいこともございます。そのような場合は、まずは、法人破産の申立ての経験のある弁護士に相談してみて下さい。弁護士も無理に破産を勧めることはありませんし、法人破産の申立て経験のある弁護士の視点からのアドバイスは今後の方針の参考になるのは間違いありません。

 当事務所は下記のとおり、法人破産申立ての実績が豊富ですので、まずはお気軽にご相談下さい。

 また、実際に、法人破産の申立てを依頼する場合には、実績に加えてマンパワーも必要不可欠です。会社の破産の場合には、短期間のうちに破産申立てすることが求められますので、マンパワーのある事務所でなければ円滑な対応ができなおそれがあります。当事務所は弁護士5名、事務員8名と人員豊富ですので、ご依頼の際もご安心下さい。

 

                記

解決事例のご紹介

ほんの一部ですが、解決に至った事業者の借金問題についてご紹介させていただきます。

1 会社(製造業)   債務額 4億0600万円

  取締役       債務額   6800万円

 

2 会社(製造業)   債務額 2億6000万円

  取締役       債務額 2億3000万円

 

3 会社(販売業)   債務額 1億5000万円

  取締役       債務額 1億円

 

4 会社(建築業)   債務額 4700万円

  取締役       債務額 2900万円

 

5 会社(人材派遣)  債務額 8400万円  

  取締役       債務額 3400万円

 

6 会社(商社)    債務額 3600万円

  取締役       債務額 3000万円

7 会社(飲食業)   債務額 3700万円

  代表者       債務額 3200万円

 

8 会社(製造販売業) 債務額 1700万円

  代表者       債務額 5300万円

 

9 会社(飲食業)   債務額 1200万円

            債務額 1400万円

 

10 個人事業主(フランチャイズ店オーナー) 2200万円

 

11 個人事業主(販売業3店舗オーナー)   5100万円

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー