相続の問題 茨城県での相続法律相談

弁護士の程塚です。

相続の問題は、実はとても身近な問題です。

父親が亡くなったっとき、母親のとき、そして自分、と

たいてい3度は、相続の機会が、いやおうなく訪れます。

 

まず、よく問題になるのが、

「遺言で、遺産が全部、1人に相続させることになってしまった。」

「生前に財産が贈与されていた。」というものです。

この場合、法律上、最低限残された取り分(遺留分といいます)を請求することになります。

時効が非常に短いので、心当たりの方は、今すぐ、お電話ください。

 

次によく問題になるのが、

「借金の方が財産よりも多いのだが、自宅だけは何とか残して、このまま住みたい。」

この場合、複雑な問題になり、解決方法は事案によって様々です。

また、相続放棄をするにしても、期限がとても短いです。

ぜひ、専門家である弁護士に依頼されることを、お勧めします。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー